ネオンカラーなエケベリアのお花が咲くまで【多肉植物】

春はお花の季節。

どんより冬空の中では、家の中であれやこれやして過ごしておりましたが、春が来て、暖かい日差しを感じるようになると、あぁ、お花も咲いてきたわと心も暖かくなります。

本日は、我が家の多肉植物にお花が咲くまでの記録(2018年度版)です。

多肉植物が我が家にやってきて1年半くらいでしょうか。当初、多肉植物といえば、厚い緑の葉があって、あまり水をあげなくても元気な草、というイメージしかなかった私は、多肉植物にも花が咲くという事実を知り、驚いたものでした。

多肉植物には夏生育型とか冬生育型とか、いろいろ種類がありますが、我が家で多肉植物が花を付けるのはもっぱら春です。

去年の今頃は、ハオルチア勢と、玉蓮さんが、健気なお花を披露してくれました。

春が来た! 多肉に動きあり
毎日すっかり暖かくなってきました。ベランダの多肉植物たちを見ると、ここに来ていっきに動きが出てきたようです。本日は、最近の多肉たちの様子をお伝えします

ですが今年は、ハオルチアにも玉蓮さんにも花が咲く気配は一向にありません。もう少し待てば咲くのかしら…。

一方で、2018年の今年、綺麗なお花を咲かせてくれたのが、エケベリア勢でした。去年はお花の姿などちっとも見せなかった多肉たちです。



花芽はある日突然やってくる

多肉植物の花芽というのは不思議なもので、ある日突然気づきます。ずっとそこにあったはずなのに、ずっと気づかなくて。気づいたときにはかなりニョキニョキ長くなっているという。特に今年のエケベリアはそうでした。

2018年3月23日

ジャーン!

花芽がこんだけ大きくなってたら、さすがに気づくだろっていう大きさですね。

葉の間から、ニョキッと大きな茎が伸びて、ツボミもまるまると膨らんでいます。どんな花が咲くのかしら、とワクワク。

そして、寄せ植え鉢だったはずが、犬害(飼い犬ネモに多肉を食べられる。その時の記事はこちら)に遭い、多くの多肉が消え、普通の多肉の花壇と化してしまった木箱の鉢。

ここに植わっているもう1つのエケベリアにも変化が。

こちらは、まだまだ小さいツボミの時期に気づけました。

2018年4月1日

さらに1週間後。

犬害木箱に植わった多肉さんたち。空間が目立ちますねー。花芽は静かに成長していますが、大きな変化はまだ見られません。

2018年4月10日

そこから、さらに10日後。

ずいぶん前から、大きなツボミを付けていたエケベリアの花が咲きました。

艷やかで、甘い、ネオンカラーのオレンジのお花です。ツボミの時は、濃いピンク色だったので、てっきりピンク色の花が来ると思っていたら、ピンクがかったサイケなオレンジが来ました。

もう一方のエケベリアも、花芽の茎が長くなってきました。お花が咲くのはもう少し先かしら、と思っておりましたが…。

2018年4月22日

ここから、エケベリアの花芽が早いスピードでニョキニョキ来ました。暖かい春の陽気で成長が加速したのでしょうか。茎が長く伸び、あっという間にツボミも丸くなってきました。

ピンクがかったオレンジのエケベリアは、花が次々と咲いてきています。

こちらのエケベリアは、茎が太く、長くは伸びずに、しっかりと花を咲かせるタイプのようです。

2018年4月27日

そして、本日の様子。

急成長したエケベリアの花も咲きました。

先に咲いたものより、よりピンク色が強いですね。

もう一方のエケベリアも花盛り!

黄色とピンクのネオンカラーの花たち。エケベリアって、こんな綺麗な色のお花が咲くのねー、と素敵な発見でした。

error: Content is protected !!