Puppy Linuxを古いWindowsXPパソコンに入れる際の注意点

前回は、実家の車庫にて忘れ去れていた10年以上前の母のパソコン(WindowsXP)を子供用のパソコンに復活させようという記事を紹介しました。

昔のWindows XPパソコンを復活させて子供用のLinuxパソコンに
昔のパソコンとか、カメラとか、ガジェットとか、突然、使ってみたくなることってありませんか?私は、自分が購入した電化製品って、なんとな...

今回は、私が実際にLinuxをPCにインストールした際に、エラーが出たりしたので、自分の経験から注意した方がいいなと思った点を紹介します。

LinuxはまずDVDから起動してお試し

Linuxのディストリビューションには様々なタイプがあります。無料でダウンロードできるので、いろいろ試して見られるのは楽しい点でございます。

ただ古いパソコンの場合は、メモリなどハードウェア的な制約から、うまく動かなかったり、異音がしたり、動いても動作が遅すぎる、といった問題が発生する可能性があります

なので、まずは、OSのISOイメージファイルをDVD(CD)に焼いてみて、DVDからLinx OSを起動して、自分のPC上できちんと動くか確認することをおススメします。

実際、私が使用したパソコンは12年前のソニーのVaioだったのですが、メモリが512MBだったからか、合わないハードウェアがあったのか、パーツが古くなっていたのか、はっきりした原因は分かりませんが、最新版のUbuntuは、古いPCで試すと、スピーカーから異音がして、動作も妙に遅くて、実用に耐えないことが判明しました。

PCに詳しい人ならいろいろイジれば、解決したのかもしれませんが、こちとら、そういうの素人ですから、あっさりあきらめました(^-^;

古いPCにはPuppy Linuxが良い

結局、軽い・場所を取らないと言われているPuppy LinuxをDVDから起動させたら、すんなり動いたので、よし、このPCにはPuppy Linuxで行こうと決意した次第です。

Puppy Linuxは、日本語版も公開されていますし、軽いし、私みたいな初心者でもとっつきやすいLinuxだと思います。

Puppy Linux 日本語版

ハードディスクにインストールする

そのまま毎回、DVDからPuppy Linuxを起動して使用することもできたのでしょうが、毎回DVDから起動するのも面倒だな、と思ってLinuxをPCのハードディスクにインストールしようと思う方もいるでしょう。私もそうでした。

Puppy Linuxは軽いOSなので、パソコン内にWindowsと共存する形でインストールすることが可能です。

EXEファイルからインストール

Puppy Linuxのインストールには、いくつか方法があります。

Windowsが起動する場合は、

  • WindowsのブラウザでPuppy Linuxのページにアクセスして、Exeファイルをダウンロード&実行する

方法があります。

Windows 7、8など現役で使っているパソコンにLinuxをインストールする場合は、Exeファイルをダウンロード&実行する方法が一番手っ取り早いかもしれません。

ISOイメージファイル(DVD,CD)からインストール

一方でDVDにISOイメージファイルを焼いた場合は、同じDVDからハードディスクにインストールすることができます。この場合、

  • OSをフルインストールする
  • Frugal インストール(質素なインストール)をする

の2種類の方法があります。

Puppy Linuxはフルインストールではなく、Frugalインストールを推奨しているので、私もハードディスクへインストールする際にはFrugalインストールを行ないました。

インストールの際はディスクのフォーマットに注意

さっそく、Puppy Linuxのデスクトップからインストールアイコンをクリックして、「Frugalインストーㇻ―を実行」を選択し、実行してみました。

なんかよくわからんけど、ポンポンポンと指示に従って、上手くいったぞ!なんて思ってたら、

やっちまいました。

エラーが出た。立ち上がらない…

再起動して、ハードディスクからLinuxを立ち上げたら、エラーでました。

え?なんで?Linuxが立ち上がらないんですけど…。

Windowsを選択しても、「リカバリーを始めます」となってしまう。

え?Windowsも消えちゃった?

一瞬青ざめました。

そのときの画像は残ってないので、イメージなんですが、

こういう画面が立ち上がったときに、Puppy Preciseをクリックしてもエラーになっちゃうのです。

さらに、Windowsをクリックすると、リカバリーが始まってしまう。

ひえー。

Windowsは消えていない

まずは、焦ることなかれ。Windowsは消えたわけではありません。

先ほどの画面の一番下に表示されていたAdvanced menuをクリックすると…

こんだけオプションが出てきまして。このうち

「Microsoft Windos XP Home Edition (sda2)」

を選ぶと、普通にWindows XPが起動します。なので、パニくってWindowsのリカバリーを開始しないように注意いたしましょう(^_^;)

ディスクのフォーマットを忘れずに

それにしても、なぜPuppy Preciseをクリックするとエラーになっちゃうのでしょう。

それは、ディスクのフォーマットでした。

Windowsのファイルシステムは、NTFSというフォーマットになっているので、今までWindowsを使っていたということは、CドライブもDドライブもNTFSになっています。

だからNTFSになってるDドライブにそのままLinuxをインストールしても、エラーになってしまうのです。

DVDからなら普通に起動して使えるので、気づきませんでした(^-^;

というわけで、Linuxをハードディスクにインストールするには、DドライブのみLinuxに適したフォーマットにしなければならなかったのです。

パーテーションを作成

これに気づいたため、再びDVDから起動を開始。RAMモードで起動します。

そしてPuppy Linuxが立ち上がったら、メニュー→システム→ディスクのパーテーション操作でPuppy Linux用のパーテーションを作成。

こちらのサイトが参考になりました。

WindowsXP と 子犬(Puppy Linux) の デュアルブート - 「コッツプレイス」 の ブログ
古いノートパソコンで Puppy Linux が快適に動いています。 Puppy Linuxは、起動したときに、「ワンワン」と鳴くんですよね。 でも、子犬ではなく成犬の鳴き声でした。 しかし、毎回起動のたびに、CDを入れるのも面倒です。 ま...
パピーリナックス

Linux用のパーテーションのフォーマットはいろいろありますが、私はext2でフォーマットしてみました。

パーテーションの分け方、ちょっと複雑

さて、Windowsで使用している際には、エクスプローラーで見ると、CドライブとDドライブに分かれていました。

が、Linuxから見ると、

Sda1、Sda2、Sda3と分かれていて、

  • Sda1 リカバリ―領域
  • Sda2 Windowsが入っている普通のCドライブ
  • Sda3 Dドライブ

となっていました。

私のPCでは、このSda3を3つに分割してSda4にPuppy Linuxをインストールしましたが、実際には、4つまでしかプライマリパーテーションは分割できないので、

  • Sda1 リカバリー領域 (NTFS、プライマリ)
  • Sda2 Windowsの入ったCドライブ (NTFS、プライマリ)
  • Sda3 拡張パーテーション
  • Sda5 (FAT32、論理)
  • Sda6 (Linux Swap、論理)
  • Sda4 Linuxを入れるドライブ(Ext2、プライマリ)

といった形で、Sda3だった場所を、3と4に分けて、さらにSda3を論理パーテーションで2つに分けて作成しました。

LinuxのOSはプライマリのパーテーションにしかインストールできないので、それ以外を論理パーテーションに入れるというやり方を取りました。

WindowsXPと共存して、とか考えなければ、こんなにパーテーションを分けなくても良いと思うのですが、ご参考までに。

というわけで、無事ハードディスクから立ち上がったPuppy Linux。

Puppy Linuxのデスクトップ画面。ワンちゃんのお顔がカワイイですね。

無事ハードディスクにインストールできて、問題なく使えています。

スポンサーリンク
最後までお読みいただき、ありがとうございます。

フォローする

スポンサーリンク
error: Content is protected !!