ローズリリー、無花粉のユリ。

6月に球根をゲットし、植えていたユリのローズリリーが咲きました。

球根を欲しいと思ったきっかけ

もともとローズリリーが欲しいなと思ったのは、去年の母の日に、日本に住む母に、ローズリリーの鉢花をプレゼントしたのがきっかけでした。母はユリの花が好きなので、プレゼントしたのです。その時知ったのは、ローズリリーという種類は、普通のユリと違って無花粉だと言うのです。母も、さっそく庭に置いてくれて、良い匂いよ~と言っていたので、私も試したい!と思ったのでした。

どこで探そう…

とはいえ、この花、スペインではそう簡単には見つかりません。八重咲きタイプのユリの球根は結構出回っているんですけどね。似てるのはあるんだけど、無花粉じゃない。別に無花粉でなくてもいいじゃないの、と言われそうですが、私も一瞬そう思ったのですが、この際だからこだわってみました。私は杉の花粉症なので、花粉と名の付くものはできれば避けたいのでね。

で、見つけたのがイギリスのユリの球根のオンラインショッピングのサイトです。おーぃ、気合入れてわざわざイギリスから輸入するんかぃとツッコミが入りそうですが、お値段もそんなに高くなかったので、ローズリリーのベロニカという品種を、エイヤっと注文してみました。注文したのは3月だったのですが、シーズンにならないと売れませんと言われて、結局届いたのが6月。ユリの育て方を見ると、球根を植える時期は10月~3月などと書いてあって、ものすごく時期をオーバーしているのですが、それまで、オンラインショップの方で育てていただいてたことを祈りつつ、6月に植えてみました。ええ、時間かかりました。結局、花が咲いたのは8月末です。母にプレゼントした日本の実家のローズリリーは7月はじめには咲いていましたからね。でも、たった3ヶ月弱植えただけで、花が咲いてくれたのはラッキーだったのかもしれません。とても濃厚な匂いです。甘くて素敵な香りですが、少しキツイかな。庭に置いてあるくらいがちょうど良い距離感かも。

おまけ:愛犬ネモ君は、相変わらずのんびりしています。

スポンサーリンク
最後までお読みいただき、ありがとうございます。

フォローする

スポンサーリンク
error: Content is protected !!