なぜ犬が足を曲げているとカワイイと感じてしまうのだろう

毎日、家でゴロゴロしている犬、我が家の場合、ネモ犬。

コーギーの足は短いのですが、その足を曲げているのを見ると、思わず、キャーといってスマホを向けてしまう私。

なんでなのでしょう。

なぜ、犬が足を曲げていると、たまらなくカワイイと思ってしまうのでしょう。

この曲がり具合。アクロバチックな姿。

犬の側からしたら、足の関節を曲げてるだけなんでしょうけど…、肉球が見えてたりするとさらに、キャぁとテンションがあがってしまう。

最近は、私が曲がってるアンヨが大好きなの分かってて、わざと足を曲げてるんじゃないかと思うときがあります。

きがつけば、また曲がってる!

あいかわらず、S字型に眠るというアクロバチックな体勢で…。

にくきゅう!

なぜ、犬が足を曲げているとカワイイと感じてしまうのか、その謎は私には分かりません。

ただひたすら、キュンと来ますね。不思議!

理由は分からないけれど、それでも、健気に曲げている、その小さな足を見ると、他のことをやってても思わず突撃して、フカフカの毛をモフモフしてしまうのです。

そう、この首のあたりを、モフモフ、ダイブ!

だって、こんなにモフモフがあるんですもの。

ちなみに、となりの白い狼さんは、ヘルシンキの空港で衝動買いした(というか、息子にねだられ衝動買いさせられた)ものでございます。

白い狼さんのぬいぐるみもびっくりの、ときどき足を曲げて寝ているフカフカモフモフのネモ犬でございました。

error: Content is protected !!