寂しさを癒しに変えるコーギ犬ネモ

私が息子と日本に一時帰国してから、かなり経ちました。ネモとも離れて暮らす日々が続いています。ネモとここまで長く離れているのはネモが生まれて初めてのことです。

夫から最近のネモの様子の写真が届きました。

変わらないネモスマイル。

先日は、近所で日本人の観光客に遭遇した際、ネモのテンションがあがって、わんわん上機嫌になったそうで、日本人の方にも、この子日本語分かってるよねー、って言われたそう。

最近は、スペインのおうちとはLINEのビデオ通話で会話するのですが、LINE電話をかける際に鳴るピロピロ♪という音を聞くと、ネモの表情がパッと明るくなって、お気に入りの骨のオモチャをカミカミしながら、投げろっとせがむハイテンションへのスイッチが入るそうでございます。誰と電話をするのか分かるのでしょう。

LINEのビデオ通話の先に映し出されるネモは、ひたすら遊んで、カミカミして、フサフサして、モフモフしたくなる犬さんです。

変わらないつぶらな瞳。

忠犬ハチ公のごとく人間サマにまっすぐ忠誠を誓う犬のようにも見えますが、

このたぐいまれな集中力は、この視線の先に、美味しいケーキがあるからなのです。

そう、ネモは人間よりも食べ物に忠実な犬なのでありました。

夫も私たちがいなくて寂しくないわけではないようですが、ネモがいるので、すごい癒しになると言っておりました。

犬の癒しパワーって半端ないです。

離れている私でさえ、写真で、LINEで、ネモの姿を見ると癒されます。

ふと気づくと、人間サマのようにベッドのうえでご就寝。

暗くて分かりにくいかな、Android版のPhotoshop Expressのアプリで、ちょっと加工して露出をあげてみましょう。

肉球全開ですやすや寝てますねー。気持ちよさそうだなぁ。ネモに会いたいなぁ。

私も早くスペインに戻りたい気持ちがあるのですが、家庭の事情もあるのでゴメンよー、ネモ!もう少し待っててね。

スポンサーリンク
最後までお読みいただき、ありがとうございます。

フォローする

スポンサーリンク
error: Content is protected !!