「Google AIY Voice Kit」が到着した。軽く開封レビュー!

少し前に、イギリスから「Google AIY Voice Kit」が到着しました。今回は、軽く「Google AIY Voice Kit」の開封レビューを行ないます。

軽く、と書いたのは、これから組み立てますので(^^;)。

自力で組み立てるAIスピーカー

前回の記事では、最近話題のAIスピーカーについて書いてみました。

話題のAIスピーカー4種をチェックしてみる
最近、少しだけ気になっている電化製品があります。それはズバリ、AIスピーカーです。今回は、AIスピーカーについて、最近登場した各...

日本では、2017年年末にかけて、AIスピーカーないしスマートスピーカーと呼ばれる「Google Home」、「Amazon Echo」「Clova Wave」といった製品の発売が相次いでいます。

いずれも気になりますが、実は、巷でAIスピーカーの発売が盛んなことを知るよりも前に、私はAIスピーカーを注文してしまっていたのでした。

それが、「Google AIY Voice Kit」、いわば自力で組み立てるAIスピーカーです。DIY(Do it yourself)とAIをもじって、AIYにしたんでしょうね。

「Google AIY Voice Kit」単体では動かなくて、ラズベリーパイと接続して動かす形になります。

そう、ラズベリーパイデビューをしたくなった私は、ラズパイにつなげて遊べる面白いモノってないかな、とあちこちで物色していたころ、この「Google AIY Voice Kit」の存在を知ったのでした。

もともとこの「Google AIY Voice Kit」は、英国のラズベリーパイのオフィシャルマガジンである「Mag Pi」57号のの付録として登場したものでした。

それが、英国のオンラインショップPimoroniで再販されているのをゲットしたというわけです。

9月中旬にPimoroniでプレオーダーしていたものが、11月2日に発送されて、11月10日に自宅に到着しました。

本体が20.83ポンドで送料が5.5ポンド、計26.33ポンドでした。日本円に直すと、4000円弱って感じ。

ラズパイ本体を購入する前に、すでにプレオーダーで申し込んでいたという(^^;)。

「Google AIY Voice Kit」は、今なら、ラズベリーパイの日本のショップであるKSYでAIスピーカー(スマートスピーカー)自作キットとして先行販売が行われています。お値段もイギリスのサイトで買うのとほとんど変わらないので、日本で購入した方が安心という方はKSYさんのサイトで購入するのが良いと思います。

普通郵便で届いたパッケージ

さて、イギリスから普通郵便で到着したパッケージ。

自宅の郵便ポストに強引に投函されていたので、パッケージの右端が郵便ポストに当たって、ガガガと傷が付いていました。中身に影響はありませんでしたけどね。

ショップのロゴの下には、「海賊ロボ忍者さる」って、よく意味のわかんない日本語が表記されていました。なんとなく英国のアパレルメーカー・スーパードライ(Superdry)の「極度乾燥しなさい」を思い出しました。あれも最初見た時は驚いたなぁ。

パッケージを開くと、出てきましたよVoice Kit!

白い部分をスーッと取ると、普通の段ボール箱になりました。

中を開けると、出てきましたAIY projectsの文字。これは組み立て方などが書かれた冊子ですね。もちろん英語です(^^)。

説明書の類を取り除くと、出てきたー、段ボール!

そうなんです。この「Google AIY Voice Kit」って外側は段ボール箱なんですよ。Google Homeみたいにきちんとした素材じゃないです。

また、実際に使用するには、ラズベリーパイ一式が必要になるので、AIスピーカーの機能だけ使いたいって人は、素直にGoogle Home Miniを買う方がお財布には優しいです(^^;)。

さて、段ボール箱の外側部分を取り除くと中から現れました。

ケーブルやら、基板やら、スピーカーやら、ボタンやら、etc…

これを組み立てるんですね。あたしみたいに、こういうのさっぱりな人でもできるんでしょうか。最近、まともに組み立てたものといったら、子供のオモチャのレゴくらいなんですが…。

というわけで、実際に組み立ててみます。

まだラズベリーパイで電子工作もやってないのに大丈夫かしら…。

「Google AIY Voice Kit」を組み立てて気づいた致命的なこと
前回の記事では、「Google AIY Voice Kit」が届きましたー開封しましたーと紹介しました。今回は、さっそく組み立て...
スポンサーリンク
最後までお読みいただき、ありがとうございます。

フォローする

スポンサーリンク
error: Content is protected !!