【Google AIY Voice Kit】Google Assistant APIの設定で大失敗

前回の記事の段階では、オーディオチェックとWifi接続を完了させました。

Google AIY Voice KitのOSと動作確認~LEDライトに注意
今回、Google AIY Voice Kitの設定をおこなうにあたって、かなり苦労しました。結果、なんとか、「OK Google」と呼...

次はGoogle Cloud Platform(GCP)で、Google Assistant APIを有効化する作業へと移る、のですが、ハマりましたね。エラーに。

今回は、後学のために、ドツボにハマった私の失敗談を披露します。

体験談:VNC接続で設定しようとして大失敗!

さて、ラズパイ本体には、SSHやVNCを使って、別のパソコンからリモートで接続する方法があります。

実際、私も最初はその方法を利用していたわけですが、今回に限っていえば、初心者にはあまりおススメしません。たぶん、きちんとやればできると思うのですが、私自身がエラーの連発でドツボにはまったからです。

どういうことかというと、

→キーボードやマウスを接続して、テレビで作業するの面倒だから、VNC接続しちゃえ!

→簡単にVNCの接続完了

→さぁて、Windowsのパソコンから遠隔操作で設定するぞ!

→ラズパイのウェブブラウザのChromiumにアクセス

→Google Cloud Consoleのページへアクセス、しかし…

→VNC経由だとすんごい操作しづらい

→Windows パソコン上のGoogle ChromeからGoogle Cloud Consoleにアクセスして設定し、jsonファイルを生成してから、ラズパイ本体にjsonファイルを移動させよう(これが間違いの元!!!

→設定完了、ファイルの移動を実施

→エラー。スピーカーから英語で、”Something…error…”みたいな音声メッセージが聞こえる。何か間違いが起こってますってことよね。

→あれ?やっぱり、Windows上で設定したファイルじゃダメなのかな。

→あらためて、ラズパイ本体を直接、テレビにつないで設定をやりなおす。Google Cloud Consoleから作成した認証情報(Credential)を削除して、新規作成し再度トライ(この辺から泥沼化

→再びエラー。エラーメッセージには、Invalid Credentialとかなんとか現れる。

→再び、Jsonファイルを作りなおす(もう抜け出せない底なし沼)。

→エラー変わらず…負のループ

となってしまったのです。もう、どうしたらよいんだかさっぱり分からん状態。

エラーの原因(推測)

IT音痴な私のあくまで推測なのですが、最初に作成した認証情報の設定が、マシンの隠しファイルのどっかに保存されていて、それが消えていないものだから、認証情報のjsonファイルを削除して、再度新しい認証情報を作り直しても、エラーのまま直らないという負のループに陥ってしまったよう。

そして、問題の隠しファイルがどこにあるんだか、さっぱり分からない私は困りはてて、ネットを徘徊。

困ったら最初からやり直し

すると、どっかの英語のサイトに、AIY Projectsではないけれど、似たような問題を抱えている人がいました(どのサイトだったかは失念)。

その人は「もうお手上げです。ふたたび、OSのイメージファイルを焼き直してやり直したらできました」みたいなことが書いてあったので、私も、お手上げすることを決意。

Micro-SDカードを、本体から引っこ抜いて、再びMicro-SDカードのフォーマット&EtcherでOSイメージファイルの書き込みを開始しました。

またゼロから設定開始です。

Wifiだの諸設定を完了させたら、ふたたびブラウザを開いて、Google  Cloud Platformで再チャレンジです。設定の詳細は次回の記事にて。

【Google AIY Voice Kit】Google Assistant APIの設定からデモプログラムの実行まで
Google AIY Voice Kitの組み立て&設定に関する記事が続いています。今回は、Google Assistant APIを有...
スポンサーリンク
最後までお読みいただき、ありがとうございます。

フォローする

スポンサーリンク
error: Content is protected !!